So-net無料ブログ作成
検索選択

2008年6月29日 昇段審査 [稽古日誌]



6月29日(日)13:00~16:00 静岡市南部体育館



大雨警報の出るほどの雨の中の静岡地区本部昇段審査。しぶちょは三段の審査を受けてきました。

三段はしぶちょが空手をはじめた時(10年前)に、「45歳までに取る、それまで絶対に諦めない」と立てた目標です。
今年は、いよいよ三段を受ける資格(二段からの最短修行年が経過)を得たので、挑戦することにしました。

挑戦が決まってから、手を骨折して十分な稽古ができなかった時期もありましたが、塾長先生の指導の下、何とか受審にこぎつけました。

■受審者:しぶちょ

■審査内容:
◆基本
・順突き
・逆突き
・順突きの突込
・逆突きの突込
・飛込突き
・飛込流し突き


◆形
・チントウ

ここまでは写真ビデオも無しです。(緊張してて塾長先生に撮影をお願いするの忘れてました…)

◆基本組手
・五本目
18893711889372
動画はこちら

◆自由組手
18893751889374
動画はこちら



■所感

自分で所感も何もないのですが、お陰様で一発で合格できました。
支部のみんなの顔を思い浮かべて、しぶちょも負けないぞと稽古した甲斐がありました。


審査の前後に師範がおっしゃってたのですが、昇段審査でも一番大事なのは『基本』だそうです。
基本がしっかりできていなければ、形も組手も上手くなれないということで、審査でもまず基本をしっかり見るんだそうです。

鎌ヶ谷支部のみんなも、つい形や組手をやりたがってしまいますが、やはり基本をしっかり稽古していくようにしましょうね。

さあ今度はみんなの昇級審査です。氣合い入れていきましょう!

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 1

塾長

基本は
 如何に身体操作においてその緩急に淀み、また力み無く正確に動作できるか。
形は
 技を正確に理解し、如何に身体操作においてその緩急に淀み、また力み無く正確に動作できるか。
基本組手は
 和道会の技を正確に理解し、如何に身体操作においてその緩急に淀み、また力み無く正確に動作できるか。
組手なら
 初段は、素人10人相手で処理できるレベル。
 弐段は、素人20人相手で処理できるレベル。
だな。

 さぁて、参段ともなれば……
by 塾長 (2008-07-02 12:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。